筋トレのポイントは「低負荷高頻度」

心つもりお金 > 学習塾 > 筋トレのポイントは「低負荷高頻度」

筋トレのポイントは「低負荷高頻度」

筋トレはダイエットから健康維持・増進、アンチエイジング等々、様々な目的のもと、老若男女で行われている今日この頃。特に、高齢化社会になってきている世の中で、様々な方法で筋トレの方法が提示されています。そんな中、筋トレは、「ただ運動を指導された通りにすればいい。」「体を動かせば、筋トレになる。」と言った、容易にとらえられ、軽視さられている現実もあります。そこで、筋トレの方法ではなく、筋トレの回数に着目して今回筋トレを考えてみます。低負荷高頻度という言葉。聞いたことがあるでしょうか?理学療法士として働いていると、現場では患者さんに対し説明したり、スタッフ間での情報としてはよく耳にします。これは、簡単に言えば、「ラクな運動を、長い時間行うこと。」になります。要は、 いかに長く、心拍数を上げずに、長時間運動するかです。心拍数と運動強度、そして運動時間が、筋トレのキーワードになってきます。長時間は具体的には20分以上、心拍数は3桁前後、回数は10?15回程度になります。この低負荷高頻度も早く世の中で耳にするようになり、正しい知識で多くの方に筋トレをして欲しいと切に願います。

パーフェクトビルドEAAの評判・口コミ!効果、副作用、成分は?



関連記事

  1. バストアップエクササイズを紹介していたりすることもあります。
  2. 筋トレのポイントは「低負荷高頻度」