本当の意味で美味しいおせち

心つもりお金 > > 本当の意味で美味しいおせち

本当の意味で美味しいおせち

昔、お正月くらいは主婦が家事を休めるようにという目的で、おせちは日持ちがするように味を濃くして作ったものだと言われますが、

何日も同じものを食べると飽きてしまうし、そもそも、おせち料理自体が好きではない、という人が増えてきて

今では、デパートなどでおせち料理を買い求め、お正月の形だけ、という感覚でおせちを済ませてしまう人もいるそうです。



しかし、おせちというのは、昔からの日本の食文化であり、地域、家庭によってそれぞれ味や形が違うものです。

それは後世に継承していく必要のある文化です。



数の子は、子孫繁栄。

エビは、腰が曲がるくらいの長生き。

おめでたいお正月を演出する紅白のかまぼこ。

同じく、紅白のなます。

まめまめしく生きようとする黒豆。



昔から日本人が長寿や子孫繁栄を願って作り上げてきた食文化です。

確かにおせちという文化は、共働きが主流になりつつある現代の考え方にはそぐわないかもしれません。

日持ちさせるためとはいえ、味が濃いというのも健康に悪いということもあるかもしれません。



しかし、人間の営みの中で本当に大事なことは何かということを今一度再考するには十分な文化です。

うす味を心がけるなど現代風に形を変えるなどしてでも、其々の家庭のおせちを母から子へ伝えていくことが
いつか注目されるといいですね。

やたら高級食材を使ったおせちも、間違いなく美味しいと思いますが、

家庭の味、母の味の継承。

そういった文化からこそ、本当の意味で美味しいおせちが生まれるのです。

 


今週のお勧めサイト ミュゼのワキ脱毛の効果について



関連記事

  1. 胸を張る知人がいてもそのケースはごく少数の例
  2. 本当の意味で美味しいおせち
  3. バルーンギフトを充分に楽しむために
  4. ドライバーでスライスする時の原因と直す方法
  5. カロリー摂取を禁じて5kg落ちたという友達がいる
  6. 交際クラブを利用する男性たち
  7. グラシュープラスにつきまして、長文にて
  8. 本気で筋肉増強をしようと無理な摂食制限
  9. 日々の代謝を高くすることで脂肪の使用を行い
  10. シルバー人材の働きぶり
  11. 通話が付いた
  12. 人達は病気の改善時に
  13. 安スマホ5GBプラン
  14. 8円で3分間も通話が可能
  15. 違法改装を施したカスタム仕様の中古物件
  16. 種類も豊富な白髪染め
  17. ゴルフ100切りのためにやること
  18. それらを使うことで
  19. 筋トレのポイントは「低負荷高頻度」
  20. 複数のところから
  21. 美人の人の人生が羨ましい
  22. 内定式でフラッシュモブサプライズ
  23. それぞれの家庭や子どもの人数によって養育費の金額は変動
  24. 行き当たりばったりの一日ドライブからの花火大会
  25. キャッシングが初体験